保険と収入のバランスを考えよう

収入と保険料のバランス

「何かあったときのために」加入する生命保険。ところが、保険料を払って保障を厚ぐすればするほど、別のリスクが高まっていくという皮肉な結果になってしまいます。

生命保険は保険会社と契約者の問で取り交わす「契約」。保険金や給付金を受け取れる条件は、「支払事由」としてあらかじめ契約で定められています。また、「免責事由」といって、保険金や給付金を支払わないケースについての取り決めもされているのです。つまり、支払事田に該当しなければ、どんなに困った事態に遭遇しても、経済的に「ピーンチ!」という時でも、いっさい保険会社からの給付は受けられません。でも、日々の暮らしは保険給付の対象外だけど手痛い出費の連続。

私たちが手にする収入には限りがあります。その収入の中から保険料を支出すると、子どもの教育費や住宅取得のための頭金、老後に備えての貯蓄など、保険給付が受けられない事柄に対する備えが手薄になってしまうのです。

まったく保険に加入しないでホントに大丈夫?

一般的に、「保険に入っておけば安心」と考えがちですが、「過ぎたるは猶及ばざるか如し」です。継続的な保険料負担は、日常的に繰り返し起こる手痛い出費への対応力を弱めます。では、まったく保険に加入しなくてもよいかというと、将来が不確実な中で、それも無謀な賭けといえます。保険のしくみを正しく理解して、今の自分にとってほどよい保険との関係を見つけることが大切です。日本は世界有数の長寿国。保険金によってではなく、長生きして自分の力で子どもの養育費や自分自身の老後の備えなど、さまざまな責任を果たすことができます。

ところが、さまざまな準備が整う前に、死亡や大病といった事態が身に降りかかってこないとも限りません。そのような事態に備えて、保険の手助けを借ります。「貯蓄は三角、保険は四角」。貯蓄であれば目標額まで長い時間が必要ですが、保険であれば契約がスタートした時点から保障が準備できます。自分が果たすべき責任を肩代わりしてもらうには、保険はとても優れたしくみ。保険料は時間を買うコストです。

現時点で保険金として残したいと思った金額は、時間の経過とともに減少されるはず。なぜなら子どもが成長すれば、その年月分の養育責任は果たされるからです。賃貸住宅から持ち家取得、貯蓄の増加など、少しずつ自力で準備を整えていくにしたがい、保険に頼る領域が小さくなっていくのです。保険金は命の値段ではありません。保険金が減らせるということは、自分の力で責任を果たせている証です。保険金の決め方は第2 章を参考になさってください。

保険料負担が重すぎて貯蓄が増えず、いつまで経っても保険に頼らざるをえないという悪循環だけは避けたいものです。できるだけ早期に保険から卒業し、何にでも使える万能の保険である貯蓄を増やすことを心がけましょう。