生前給付される保険のタイプ

収入保障保険と、3大疾病保障定期保険

保険金を一括で受け取るのではなく、年金式に分割して受け取る保険です。保険会社によっては、家族保障保険や生活保障保険ともいいます。年金と聞くと一見、老後の生活保障のようなイメージですが、受け取れるのはあくまでも保険期間中に被保険者が死亡するか高度障害状態になった時だけです。 保険金の受け取り期間によって、3 つのパターンがあります。

  • ① 死亡(高度障害)時点から保険期間が終了するまでの期間分の 年金が受け取れるもの。
  • ② 保険期間中のどの時点で死亡(高度障害)しても、年金受け取 り回数が同じもの(確定年金タイプ)。
  • ③ 被保険者が所定の年齢になるまで(生きていれば、その年齢に 達したはずの年まで)年金が受け取れるもの(歳満了タイプ)。

必ずしも分割で受け取る必要はなく、希望すれば一括で受け取ることもできます。ただし、一括で受け取る金額は、年金で受け取った時の受け取り総額よりも下回ります。保険金と違って一度に何千万円と大金ではないため、高額の保障を買っていても意外に気づかないことも。注意しましょう。

今まで見てきた定期保険は、保険期間中に死亡・高度障害状態になった時に保険金が受け取れるものでした。3 大(特定)疾病保障定期保険はそれに加えて、『3大(特定)疾病にかかって所定の要件を満たした時』にも受け取れます。単体で加入することもできますが、多くの方は定期保険特約付終身保険や利率変動型積立保険などの特約として加入しています。3大(特定)疾病とは『ガン(悪性新生物)』『脳卒中』『急性心筋梗塞』のことで、詳しくは『ご契約のしおり』の約款というところに載っています。

この保険に加入していれば、死亡もしくは高度障害状態にならなくても、3 大(特定)疾病にかかり、所定の要件を満たせば保険金が受け取れます。

ただし、保険金が受け取れるのは一度限りです。保険金が支払われた時点で契約は終了します。気をつけたいのが請求時のこと。支払い要件が複雑なため、請求できるにもかかわらず請求していない可能性があります。

生前給付型保険の注意点

3大(特定) 疾病保障定期保険だけでなく、他にも所定の要件を満たせば保険金が生前に受け取れる保険があります。病気で所定の障害状態になった時は、死亡・高度障害になっていなくても保険金が支払われるものや、所定の要介護状態になった時は一時金や年金が支払われるものなどです。

支払対象外で保険金が受け取れないことも

支払要件が『死亡した時』といえば判断の余地はなく、事件性や告知義務違反などがない限り、死亡保険金が受け取れます。一方、生前に受け取れるものは、保険会社が診断書などを精査して。契約内容と照らし合わせて保険金支払いの可否を判断します。どのような時に保険金が受け取れるかを契約時に確認する人は少なく、受け取れると思い込んでいた保険金が支払対象外といわれてショックを受ける方が多いようです。反対に、受け取れるはずの保険金を、知らずに請求していないということも考えられます。要介護や障害状態になった時に保険金や年金が受け取れるのはありかたいのですが、支払要件を満たさなくては受け取れません。治療や介護にお金がかかるけれど、保険金を受け取れる状態ではなく、保険料は払い続けなくてはならないことも想定しまし私たちは公的医療保険や公的年金の保険料をすでにたくさん支払っています。その保障内容を把握した上で、さらに手取り収入を減らす圧力となる保険を、本当に買う必要があるかどうかを判断しなくてはなりません。